ハイスタ

法律事務所・士業専門のホームページ制作

平日・土日祝日対応!/10:00 〜 19:00 050-3748-1642

WordPressでランディングページが作れるおすすめプラグイン5選|売り上げを伸ばすLPの構成付き

2020.6.24

あなたはソーシャル広告やGoogle広告のランディングページをどこにリンクしているでしょうか?

ブログ記事や、サイト本体のトップページに設定してはいませんか?

もし答えがあなたのウェブサイトのホームページ、あるいは製品一覧ページであるなら、『コンバージョンを最大化、問い合わせ数を増加させる為にランディングページの効果』について、是非学んで欲しいと思います。

ランディングページとは、通常のWebサイトとは違いコンバージョンを大幅に増やすことを目的とたページのことです。

図:左:基本的なランディングページ、右:ウェブサイト

ランディングページとサイトの違い

なぜこのようなページを作るのかというと、広告コンテンツから遷移した際に、販売目標到達プロセス全体を通じて、ターゲットにいち早く行動を起こしてもらうことができるからです。

しかし、ランディングページを作るのは専門の業者にお願いするのが通常で、それなりの費用がかかります。

ただ幸いなことに、WordPressで高機能なプラグインを使用している限り、高品質なランディングページ制作にお金をかける必要はありませんし、出来上がるまでに数ヶ月もかかるといった作業の手間もありません。そして、WordPressにはたくさんの優れたオプションも存在します。

今回ご紹介するのは、コンバージョンを得るページをすばやく作成する、高機能なWordPress用ランディングページプラグインです。

 

高機能ランディングページを作るのにWordPressプラグインが必要な理由

高機能なランディングページプラグインをご紹介する前に、なぜランディングページが必要なのかを確認しておきましょう。

コンバージョン率を上げるため

ランディングページは訪問者にターゲットを絞ったコンテンツを提示するように設計されているため、コンバージョンに至る可能性がはるかに高くなります。これらのコンバージョンの方法はさまざまですが、フォームへの登録、製品の購入、またはwebセミナーへの参加が多いのではないでしょうか。

通常ホームページは、サイト全体の『目次』のような役割を持っています。通常、その目次は、訪問者が Webサイトにアクセスしたときに最初に目にするものですが、トップページから様々なコンテンツにアクセスする為に様々な導線が置かれています

コンテンツの数が多いサイトでいえば、『不動産サイト』『転職サイト』などがわかりやすい例ですね。

図:HOMEsのトップページ

homes

図:リクナビNEXTのトップページ

リクナビNEXT

サイトの利便性を高めるという意味では素晴らしいコンテンツの配置ですが、広告から飛んで最初に見るページとして考えると、行動の選択肢が多すぎてしまいます。ランディングページでは、セールスピッチ全体を1つの太字の文章にまとめることで、

  1. 訪問者の好奇心をそそる
  2. 疑問や質問に答える
  3. 問題を解決する
  4. または説明する

などを目的としています。その前提で、次のタイプの見出しは影響力があり、より良い問い合わせ獲得を促進することが証明されています。ただし、正しく構成された見出しがないと、多くの潜在的な見込み客を失ってしまう可能性があることにも注意が必要です。

図:ランディングページの構成要素の例

ランディングページのファーストビュー ランディングページにおけるオファー

広告のメッセージと表示させる内容をリンクできる

ランディングページは、ネット広告からユーザーが飛んでくるケースがほとんどです。先ほどもお伝えしましたが、サイトのトップページなどへ直接リンクすると、次に進むべき場所に関する情報が多すぎて、目的の行動以外の動きをされてしまうからです。ただし、ランディングページは、広告で作成した同じメッセージを正確に反映しているため、ユーザーの混乱を最小限に抑えることができます。

見込み客(リード)を増やす

見込み客のことをウェブ業界の人間はリードと呼びますが、このリードはメール、ソーシャルメディア、検索トラフィックといったもの通じて獲得できます。私たちやウェブコンサルなどを行う企業は、これらのリードの大部分がランディングページではなく、ウェブサイトに訪れると失われると断言できます

したがって、これらのリンクは、ランディングページにつながるように交換する必要があります。

SEOを強化するにも役立つ

ランディングページにはさまざまな種類があり、多くは広告を使ってリードを獲得する位置付けのため、基本的にはSEO(検索エンジン最適化:Search Engine Optimization)には不向きとされています。しかし、SEO目的で作成される場合もあります。

いくつか事例をご紹介します。

図:『不倫慰謝料 減額 弁護士』で検索した場合の検索結果

上部の四つがリスティング広告と言われる部分ですが、その下の四つ目にあるサイトが、実はランディングページになっています。それが下記です。

他にも、『借金減額』というキーワードで調べて場合、下記のようなランディングページが上位にきています。

あまりないレアケースではありますが、ランディングページがキーワードに最適化され、使いやすく、反応が速く、スピーディーである限り、SEOに役立つはずです。つまり、公開するランディングページが多いほど、Googleのトップページでサイトを見つける可能性が高くなります。

その後、オーガニックトラフィックのコンバージョン率の高いランディングページを利用できます。

潜在的な顧客に関する情報を収集する

ランディングページの目標は、見込み顧客を獲得してコンバージョンに変えることです。コンバージョン数を増やすことの利点は、顧客がデータを渡す場所を増やせることです。訪問したページ、訪問者がモバイルまたはデスクトップのどちらであるかなどについて知ることで、より良い広告、電子メール、およびランディングページを使用して、見込み客を本当のお客様になってもらうことが可能です。

その際、GDPRやプライバシーの扱いには注意しましょう。ユーザーに関するあらゆる種類の情報またはピクセルデータを収集する場合は、常に最初に同意を求める必要があります。

オファーを望ましい方法で提示する

多くの場合、マーケティングオファーはWebサイト上の他のコンテンツと混在しており、全体的な効果が低下しています。その点、ランディングページは通常、余分なものを一切含まない1つまたは2つの製品に焦点を当てています。それをマーケティングのオファーと組み合わせて、販売を奨励する優れた方法に変えるのです。

【初心者必見】ランディングページの失敗しない構成案の作り方!テンプレやコツを紹介

ランディングページプラグインの選び方|重視・比較すべき6つの機能

では早速、ワードプレスの完璧なランディングページプラグインをご紹介しようと思うのですが、良いプラグインにはほとんど同様の機能が付いています。ただし、特定のプラグインに固有のツールもありますし、その場合は有料(といっても1,000円〜5000円程度)です。

あなたがいくら支払いたいかに関係なく、いくつかの機能は忘れてはなりません。それらのいくつかは次のとおりです。

ドラッグアンドドロップ機能

ドラッグアンドドロップエディターがあると便利です。そうでない場合は、少なくともランディングページに関連するビルダー要素が必要です。また、電子メール購読フォーム、テキスト、メディアもあると良いでしょう。

構築済みのページテンプレート

目標は製品およびサービスのランディングページを用意することです。ランディングページの品質が高いほど、SEOが向上し、コンバージョンが増加します。したがって、事前に作成されたテンプレートを使用して、展開時間を短縮する必要があります。その後、会社のブランドに合わせてテンプレートをすばやく調整できます。

A / Bテストができるか

A / Bテストを行わない場合、ランディングページ全体のデザインは大きな『賭け』になります。ボタンの色ひとつでクリック率は50%以上も低くなる可能性があります。訴求分のあるページは、コンバージョンに役立つのでしょうけど、A / Bテストなしでは確実に学ぶことはできません。

メールの取得機能(あれば)

プラグインの中には、メルマガを送ることを前提としたものもあります。よくあるメーリングリストを作成するものですね。高品質なWordPressランディングページプラグインにはすでについているものもありますが、MailChimpやなどの外部ツールと連携できると、さらによいかなと思います。

価格表の機能

価格表はおそらくドラッグアンドドロップ要素の一部になりますが、ランディングページプラグインに料金を支払って、自分で設計しなければならないことを見つけたくはありません。

メディアサポート

ビデオから画像、ドキュメントからオーディオまで、メディアアイテムは製品についての詳細を表示するだけでなく、変換に関して垣間見える顧客を支援することが知られています。

2020年のベストWordPressランディングページプラグイン5選

高品質なWordPress用ランディングページプラグインを調査し、最高の機能と、ユーザーを次々に獲得できる可能性が高いアイテムを厳選しました。

Elementor

Elementor は、基本利用が無料でダウンロード提供される点で、他のランディングページプラグインよりも明らかに便利です。私たちはプロのデザイナーを抱え、ディレクションしながらサイト制作を行っていますが、今すぐ欲しい、早急に準備したいという場合に、このプラグインは大変役立っています。

ドラッグアンドドロップエディターの利便性は高く、WordPressのコミュニティサイトでは、100万を超えるアクティブインストールと5つ星の評価を誇っています。

Elementorは特別なコーディングをすることなくランディングページの作成を開始でき、ほとんどすべてのテーマとプラグインで動作、いくつかテンプレートが無料で利用できます。はっきりいって、Elementorはランディングページを作る上で、最速のツールといって良いでしょう

有料版に関して

プレミアム価格は1つのサイトで49ドル(約5,500円)、3つのサイトで99ドル(約10,000円)、無制限のサイトで199ドル(約20,000円)になります。一回買ってしまえば無制限に使えますので、製作費10万円以上かかる可能性があるものが、5分の1に抑えられます。

Elementorプラグインが最もおすすめな理由

  • Elementorは流れるような動きとソリッドなデザインモジュールを備えた完全なドラッグアンドドロップエディターである点
  • いくつかのテンプレートが用意されているため、ランディングページを最初から作成する必要がない
  • プレミアムバージョンは49ドルという破格の安さ
  • カウントダウンタイマー、価格表、アニメーションの見出し、共有ボタン、フォームなどの必須のコンテンツモジュールを用意
  • ライブ反映で、変更した部分がその場で変更・反映される
  • WooCommerce統合により、ランディングページから直接製品を販売可能

Beaver Builder(ビーバービルダー)

Beaver Builder(ビーバービルダー)は、ページビルダープラグインで最も人気のあるプラグインの1つであり、ランディングページだけでなく、Webサイトの構築にも使用できます。読み込みが速く、設定に数時間もかからない、見事なレイアウトとランディングページを作成できます

いくつかのコンテンツモジュールを備えた無料バージョンがあり、これらのコンテンツモジュールには、ビデオ、オーディオ、テキスト編集、写真、サイドバー、HTMLのオプションが含まれています。

また、非常に便利な全幅のランディングページを作成することもできます。

Beaver Builder有料版のポイント

プレミアム価格は1年間のライセンスで$ 99(約10,000円)です。サイト数に制限はないため、ほとんどの場合はアップグレードする必要はないでしょう。

  1. カスタマーサポート
  2. ページビルダープラグイン
  3. プレミアムランディングページモジュール
  4. ランディングページテンプレート

これらはすべて料金内に含まれています。

Beaver Builderを選ぶべき理由

  • 迅速でプロフェッショナルなランディングページを作成できる
  • テンプレートの一部に法律事務所のニッチサイト用がある
  • 年間10,000円で手に入る機能が多い
  • 初心者でも、テンプレートとモジュールを使用してランディングページを作成できる
  • 独自のカスタムモジュールを構築可能
  • 完全なページ、レイアウト、行、およびモジュールを保存してエクスポートし、後で再利用できる

Divi Builder|ディビビルダー

DiviBuilder

Divi Builderも、WordPressでランディングページを作れるプラグインとしてはかなり有名です。エレガントテーマはDivi Builderを販売しているため、アクセスするには、エレガントテーマメンバーシップに登録する必要があります。

メンバーシップへ加入すると、Elegant Themesのすべてのテーマとプラグインへアクセスが可能です。海外では最も美しいテーマのひとつとして好評で、プラグインはソーシャルメディアの共有からメールのオプチンまですべてを提供します。

Divi Builderプラグインの有料版

エレガントテーマメンバーシップの利点は、ビルダーを無制限にサイトで使用できるライセンスが得られることですが、Divi Builderの無料プラグインは提供していません

ランディングページの制作機能には洗練された強力なドラッグアンドドロップビルダーがあり、オーディオプレーヤー、フレーズ、ソーシャルメディアボタン、価格表といったテンプレートを約46個提供しています。

Divi Builderのおすすめポイント

  • 無料版はありませんが年間料金が低いため、コスパは良い
  • 約46個のコンテンツモジュールを提供している
  • カスタムCSSを追加して、カスタムスタイルを適用したり、ブランドに適さない個々のモジュールを調整可能
  • 要素やデザインを数秒で複製可能

Qards(カード)

Qards  はあまり知られていないWordPressランディングページプラグインですが、コーディングスキルがなくても見事なランディングページを作成できます。

特筆すべきポイントは、各デザインは応答性が高く、多くのカードはシンプルさと柔軟性のために事前に設計されています。MailChimpアカウントにリンクしてリードを取り込み、メールデータベースに直接ドロップすることもできます。

Qardsプラグインを選ぶべきポイント

Qardsを非常に気に入っている主な理由の1つは、YouTubeのインラインビデオとバックグラウンドビデオを使用でき、画像やオーディオクリップを好きな場所に配置できること。

より高度な設計者に最適ですが、コードなしでコンテンツを整理しようとする場合は、グリッドのスタイル設定が役立ちます。

また、Qardsには1つのドメイン用の無料バージョンがあり、ちょっと機能は制限されていますが、MailChimp統合、カスタマイズツール、事前設計されたブロック、およびGoogleフォントが引き続き提供されます。有料版は99ドルです。

Qardsプラグイインがおすすめする理由

  • 無料のプラグインで電子メールサブスクリプションツールが提供されている
  • 最も簡単で使いやすいなビジュアルランディングページビルダーの1つです。
  • アイテムを上下にドラッグすることを中心に展開しているため、複雑なコントロールが多すぎることがない
  • フッター、カバー、画像、グリッド、メニューなどのいくつかの事前設計されたブロックが含まれている

Instapage(インスタページ)

Instapage  は、広告費をコンバージョンに変換するという目標に焦点を当てています。その主な製品はランディングページの作成ですが、最適化エンジンも用意されています。

Instapageプラグインを使うべき理由

ページビルダーは、CTAボタン、ビデオなどのアイテムのドラッグアンドドロップウィジェットを提供します。全体として、Instapageには最も印象的な機能セットがありますが、コアプランは月額69ドルからです。また、必要に応じて代理店や企業向けのプランも販売しています。

Instapageをおすすめする理由

  • Instapageは、コラボレーション最適化、レポート、ランディングページ制作以上のものを提供
  • Instapageには200を超えるカスタマイズ可能なテンプレートが用意
  • 3,300万以上のストック画像を誇るBigstock画像ライブラリにアクセス可能

まとめ

WordPressでランディングページが作れるプラグインを五つご紹介してきましたが、興味があるものは見つかりましたでしょうか?

下記で、あなたが迷わず選択できるようにWordPressランディングページプラグインを分類しました。

  • 最も価値の高いランディングページプラグイン– ElementorまたはBeaver Builder
  • ほとんどの機能を備えたランディングページプラグイン– Instapage
  • ランディングページをすばやく作成するための最良のオプション– Elementor
  • 最高のテンプレートを備えたランディングページプラグイン– Instapage
  • 最も安いWordPressランディングページプラグイン–ランディングページビルダー
  • 代理店や開発者にとって最高のランディングページプラグイン– Divi

ぜひ活用してみてください。